リニューアル
HOME > 総合設備 > リニューアル

 

ユニバーサルデザイン

バリアフリーを含め利便性を考慮した快適空間をご提案

施工前   施工後
UP↑
受水槽・高置水槽

メンテナンス性を考慮し安心な水を安定供給するために

施工前   施工後

●材質が老朽化している
●地震に耐えられない
●水漏れしている
●衛生面が確保されていない

  衛生的で安心して飲める水を貯めることができ、耐震性の向上もはかれます。
UP↑
衛生器具設備

利便性・意匠性を考慮し環境に調和した水まわり空間をご提案

施工前   施工後

●不衛生
●臭いがする
●水の流れが悪い
●使用勝手が悪い

  使いやすさが増すことで快適な空間が実現します。
UP↑
省エネルギー

省スペース化・エネルギー利用の効率化と性能の向上

施工前   施工後

●機械類が老化している
●管理がしにくい
●効率が悪い
●現行法規に合わない

  機能と性能の向上により、省エネ、省スペースが図られ、管理しやすい機械室が実現します。
UP↑