新エネルギー設備
HOME > 総合設備 > 新エネルギー設備

 

木質バイオマス

地域内の木質バイオマスを地産地消で有効利用し温水・蒸気等の熱エネルギーへ変換します。

木質バイオマスボイラーの導入は、地域内の資源を活用できるため地域における環境・エネルギー資源・経済に対し多くの持続可能な効果を生み出す可能性を持ちます。個別の導入目的や負荷パターンに対し、経済性、事業性の検証を行い、施設側ニーズに適応したシステムを構築します。
UP↑
太陽光発電(PV)

太陽電池を用いて太陽光を直接的に電力に変換します。

太陽光発電は、太陽電池を用いて、太陽光のエネルギーを直接、家庭で使える電気に変換する発電システムです。他の発電方式と比較し設置制限が少なく、土地を占有せずに建築物の屋根や屋上に設置可能。蓄電装置との組み合わせで非常用電源としての活用も可能です。
UP↑
太陽熱利用システム

太陽光の赤外線エネルギーを集熱し変換し貯湯して温水を給湯利用します。

太陽熱温水器は、太陽エネルギーの50〜60%程度を熱エネルギーに代えて 貯湯し給湯する蓄熱式の給湯器として利用できます。ソーラーシステムは給湯や暖房用に、高い変換効率で太陽エネルギーを有効活用でき、タンク一体型、水道直結型、タンク分離型があります。
UP↑
燃料電池

水やバイオマス、化石燃料由来の水素を電気化学反応させて発電します。

都市ガス等の化石燃料由来の燃料やバイオマス、水の電気分解等によって取り出した水素と、空気中の酸素を、電気化学反応させて電気を作るので、燃焼によるCO2の発生が無く、エネルギー変換ロスが少ないため発電効率が高く、発生した熱を利用してコージェネレーションとしての利用も可能となります。