省エネルギー
HOME > 環境への取り組み > 省エネルギー

国のエネルギー政策においては、安全性の確保を前提に、エネルギーの安定供給、経済効率性の向上、環境への適合を同時に図っていくことが不可欠となっています。 こうした状況に対応するためには、再生可能エネルギーの積極的な導入等による新たな「エネルギー・ミックス」の実現を図るとともに、省エネルギーを進める必要があります。需要家(ユーザ)様のニーズを満たす高効率で省エネ設備の導入提案・設計・施工や運用面でのご提案をさせていただきます。

設備導入、運用面での省エネ対策

設備・システム 省エネ対策 /  ■設備 □運用
デマンド管理
デマンド監視制御装置の導入
エコモニター(多回路計測装置)導入
デマンド監視制御装置の有効活用
デマンド監視による契約電力削減
日負荷曲線の分析による電力使用量の削減
BEMS, HEMS
エネルギ‐マネジメントシステムの導入
空調機
高効率空調機への更新
冷却水ポンプのインバータ化
給排気ファンへのインバータ導入
蒸気暖房をヒートポンプ式空調に変更
全熱交換器の採用による熱回収
全熱交換器の換気ファンへのインバータ導入
空調方式の統一
地域冷水用の冷水熱交換器の断熱対策
室外機の日射対策
設定温度の適正化
フィルター、空調室外機の清掃管理
外気導入量の低減
外調機の暖房時送風温度の適正化
冷水温度の適正化
二次冷却水ポンプの運転台数削減
空調機器の効率向上等に関する管理標準
計測・記録の管理標準
空調機器の効率向上等に関する管理標準
冷凍・冷蔵・冷凍機
冷却水ポンプへのインバータ導入
室外機の日射対策
熱交換器の清掃
冷却塔ファン制御用の冷却水温度設定の適正化
冷水チラー
ダブルバンドルヒートポンプへ変更による
排熱回収
換気・給排気
給排気ファンへのインバータ導入
給排気ファンの風量適正化
換気ファン制御装置の導入
稼働の適正化による空調負荷低減
間欠運転化
コンプレッサー
台数制御方式の改善
吸気温度の低減
ブローのエア源変更
移設による空調負荷低減
レシーバタンク設置による圧力変動低減と吐出圧力低減
エア漏れ対策
吐出圧力の低減
吸い込みフィルターの清掃
ボイラー
蒸気ドレインからの排熱回収
高効率ボイラーへの更新
ヒートポンプ給湯機追加によるボイラー給水予熱
ボイラー室の凍結防止用白熱灯の制御変更
燃焼空気比の適正化
設定蒸気圧の適正化
運転台数の適正管理
燃料の粒度・粘土等の品質管理
排ガスの温度・残存酸素量の計測・管理
ボイラー蒸気圧力、蒸気量、缶水ブロー量の計測・管理
蒸気配管
配管、バルブ、フランジ部、タンク保温対策
蒸気配管洩れの修理
返送ドレン配管系の適正化
ドレン返送方法の変更
蒸気式加熱器からのドレン回収
蒸気トラップの管理
温水槽からの放熱防止対策
バルブ、配管接続部からの蒸気漏れ、エア漏れの防止対策
給湯設備
蓄熱式温水器熱源にヒートポンプ導入
排水熱回収熱交換器の導入
温水器の設定温度適正化と運転時間短縮
給湯器・温水器の不使用時の電源遮断
セントラル給湯と個別給湯方式の見直し
給排水
ポンプへのインバータ導入
止水栓による吐水量調整
ヘッドを節水型に変更
排水処理設備
曝気用送風機へのインバータ導入
ブロワーの交互運転化
曝気槽に高効率散気ノズルを採用
曝気用ブロワ操業に応じた稼働と台数削減
排水処理送風機の間欠運転
変圧器
変圧器の高効率化
低負荷率の変圧器を統合
変圧器容量の適正化
トップランナー変圧器の導入
力率改善
照明
高効率(省電力)蛍光灯への更新
水銀灯をセラミックメタルハライドランプへ更新
蛍光誘導灯をLEDに更新
蛍光灯用安定器のHf化
照度センサー設置、昼光センサー制御の採用
個別スイッチ設置
人感センサーによる自動点滅
タスクアンビエント照明の導入
部分消灯
間引き
電子機器
待機電力の削減