環境保全
HOME > 環境への取り組み > 環境保全

オゾン層保護及び地球温暖化防止等の地球環境の保全のため、フロン類使用製品及び冷凍空調機器等からの冷媒等フロン類(フルオロカーボン、六フッ化硫黄、三フッ化窒素等)の大気排出抑制、使用の合理化及び管理の適正化等に係わる事業の推進を、関係事業者との連携及び行政当局との協調のもとで実施します。

フロン類対策に関するフロン類使用の合理化及び管理の適正化に関する法律の改正(H27年4月より全面施工)により、フロン類が使用されている冷凍空調機器の管理者(機器の所有者)には、機器の定期点検、国へのフロン冷媒漏えい量報告等の新たな責務が生じます。
当社は、冷凍空調機器の設備施工・保守・メンテナンス業者として、冷媒の充填に関わる実施基準、充填・回収証明書の発行、破壊業者・再生業者への引渡しスキーム等の責務を果たしてまいります。


冷凍空調機器等の使用時及び廃棄時における冷媒の大気放出削減
フロン類の再利用、使用の合理化
冷凍空調機器及び冷媒フロンの管理の適正化
冷媒の充填、回収及び機器の点検等に係る技術者等の育成
「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」に基づく措置
国際的なオゾン層保護及び地球温暖化防止等、地球環境保護の推進
情報収集・情報提供